朝起きた時に腰が痛い人はこうすれば治る!

朝起きた時、腰が痛いと感じる人は多いのではないでしょうか。私もそうでした。どうすれば治るのでしょうか?

朝起きた時に腰が痛い人は、寝ている間に背中がそっていて(反り腰の状態)、腰に負荷がかかってしまっています。だから胴体が床に対して平行に、背中をまっすぐぴったりとマットにつけるようにして寝れば治るのです。そうするために、実は簡単な方法があります。

それは、以下のように膝(ひざ)を曲げて寝れば良いのです。

ひざ立て

こうすれば背中が真っすぐになって腰に負担がかからず、腰痛が解消するのです。でも膝を立てて寝ても、眠っている間に姿勢が変わってしまいますよね。

そうならないように、膝の下に枕や巻いた座布団などを入れれば大丈夫です。これで膝を曲げたまま寝ることができます。

最初は慣れないかもしれませんが、腰の負担を軽くするために慣れましょう!私は膝の下に巻いた座布団を入れていても、普通に良く眠れています。

他に当サイトでは腰にとても良く効く湿布などを紹介しているので、もし良ければご覧ください。

結論:膝の下に物を置いて、膝を曲げて寝れば腰痛は治る!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。