魚の目やイボにはイボコロリ!使い方は…

イボコロリ

体にイボや白い魚の目(うおのめ)が出来てしまった時は、イボコロリを塗りましょう。使い方はキャップについている棒で液を患部に塗ります。1日何度も塗りましょう。用法では4回とありますがそのくらい塗った方がいいです。

数日たつとやわらかくなってきて、剥がれます。ただし芯が残っていると再発します。そうしたらまた塗りましょう。完治するまで繰り返します。私も手首近くに出来た魚の目に何度も塗って、再発を繰り返しながらようやく治りました。

1日4回塗るというのがネックですが、貼るだけのイボコロリ絆創膏もあります。何度も塗るのが無理な人はこっちを使ってみてください。私はこのタイプも使っていましたが、ずれたりするので私は塗る方が良かったですね。

肌荒れに良い薬を他にも紹介しているので、興味があればご覧ください。

結論:イボコロリは時間がかかるけどウオノメやイボを治す!

総合評価  8点
効果    7点 (時間がかかるけど治る!)
副作用  10点 (副作用は感じない)
値段    9点 (とても安い!)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です