せきやのどの風邪にはパブロンSα!他のパブロンとの違いも解説!

パブロンSα

咳(せき)や喉(のど)の痛みが辛い時の風邪薬は、パブロンSα錠がおすすめです!パブロンは種類が多いのですが、このパブロンSαはブロムヘキシン塩酸塩という成分が入ってて、これがせきに高い効果があるのです。この成分はパブロンゴールドAやパブロンSゴールドWには入っていません。

またパブロンSαには気管支を広げて呼吸を楽にするdl-メチルエフェドリン塩酸塩も入っていますが、これはパブロンSゴールドWに入っていません。

つまり、パブロンSαにはせきやのどにとても強い風邪薬だと言えます。ネットの評価・評判、レビューでは風邪薬を飲むのは無意味という声もありますが、症状を抑える効果はちゃんとあります。

私もせきが出る風邪になった時は、これを飲むとせきが止まって楽になりますね。皆さんもせきやのどの風邪になった場合は、是非パブロンSα錠を飲んでみてください!

ちなみに頭痛風邪には葛根湯がおすすめです。

結論:せきやのどの風邪にはパブロンSαがおすすめ!

総合評価  7点
効果    7点 (せきの風邪によく効く!)
副作用   7点 (副作用は特に無し)
値段    6点 (結構安い)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です