スクラートは胃に良く効く!しかしその味は…?

スクラート

スクラートは食間に飲むタイプの胃薬です。私はネットの評判やレビュー評価を読んでは太田胃散、キャベジン、大正漢方胃腸薬と色々な胃薬を試しましたが、これが一番効果が強力に感じました。

胃炎で内科に通院してネキシウム(2番目に強い胃薬)、タケキャブ(最強の胃薬)といった強力な処方薬を飲んでも胃痛が治らず、これを飲んだら治ったので私の体質にも合っていたようです。そういった強い薬でも効かない人は試してみたらいかがでしょうか(なお余談ですが、よくガスター10が市販薬最強と言いますが、私の主治医によるとネキシウムやタケキャブに比べたら全然弱いそうです)。

主成分のスクラルファートはこの薬にしか入ってないので、これが合う人はもうこれを飲むしかないと言えるでしょう。

ただ、この薬の欠点は味です。何とも言えない無機質で残念な味がするのです。飲むのが憂鬱になってしまうのですよね…。

錠剤タイプもあるのでそっちなら味は気にならないのですが、なぜか顆粒の方がよく効くんですよね。胃薬は味わう必要があると言いますが、そういうことなのでしょう。

なお逆に味の良い胃薬は何かと言えば、大正胃腸薬です。これは味の良さをアピールしているだけにシナモンのような美味しい味がします。胃薬に味を求めても仕方がない気もしますが…なお一番美味しいのは養命酒ですね(笑)。なおどちらも私には効果ありませんでした。良薬口に苦しということでしょうか。

またこの薬は食後に胃が痛い時に飲むことはできないので、そういう時はやはり太田胃散を飲んだ方が良いでしょう。

結論:スクラートは不味いけど胃痛が治る!

総合評価  9点
効果    9点 (まずいけどよく効く)
副作用  10点 (副作用は感じない)
値段    7点 (安くはないかな…)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。