ビオフェルミンが効かない時はミヤリサン!なぜなら…

ミヤリサン

軟便や便秘などお腹の調子が悪い時はまずビオフェルミンを飲む人が多いですが、効かない場合も多々あります(私もそうですが)。その場合はこのミヤリサンを試してみましょう。

病院でビオフェルミンやビオスリーを処方して効かなかった場合は、ミヤBMを処方します。これは市販薬のミヤリサンと同じ薬です。

ミヤリサンは1933年に宮入博士が発見した酪酸菌で宮入菌と呼ばれています。そのため名前にミヤが付くのですね。この宮入菌はビオフェルミンに入っているラクトミンなどとは別のタイプの酪酸菌のため、ビオフェルミンが効かない人にも効く可能性があるのです。

ビオフェルミンが効かない!という人は是非ミヤリサンをお試しください!

なお私の場合、ミヤリサンを飲んでいてちょっと良くなったかなあという印象でした。私は大腸でなく小腸の方が悪かったので、ヤクルトの方が効きました。そちらもお試し下さいね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です